2007年09月21日

フラット35金利比較をしてみると

ローンを組む際最も重要なのは金利と支払い年数です。住宅ローンというのは莫大な金額を長期に渡って支払うわけですが、金利によって支払う金額が大幅に違ってくることがあるのです。フラット35は、具体的にマイホームを購入しようとしている人にとっては非常に身近な話題です。フラット35というのは民間金融機関と住宅金融公庫のコラボレートすることによって実現した、金利が一定タイプの最長35年の長期ローンです。ローンを組んだ時点で返済終了までの返済額が確定しますので、将来にわたっての、金銭的な計画は立てやすくなります。住宅ローンとしてフラット35を選んだ場合、金利の変動に左右されずに返済額が決まるため、高金利の時代なら非常に経済的に楽であると言う利点があります。反面、金利が下がった場合、変動型金利よりも高額な返済を強いられるというケースがあることも忘れてはならないでしょう。フラット35のメリットは金利固定、保証料・保証人の不要、抵当権設定登記のための登録免許税や繰上返済、条件変更の場合の手数料も必要ない、と言う点などが挙げられます。メリット、デメリットをよく考えた上で、自分の経済条件に最適な返済方法を選んで下さい。


RSS関連リンク
フラット35 キャンペーン
フラット35の事務手数料優遇キャンペーン 住宅ローンとは、長年付き合っていくものです。 だから、少しでもお得なサービスと低金利で融資を受けたいものです。 このSBIグループでは9月28日までの期間中に「フラット35」に契約すれば、事務 ...

フラット35比較
2005年4月にフラット35は発表されました。当時は銀行が同様の長期固定型金利の住宅ローンを持っていなかったため、比較と言うものができませんでした。現在は銀行も多くのプランを用意しています。そこでフラット35と銀行の住宅ローンとを比較し ...

住宅ローンとフラット35
GE Money 長期固定金利住宅ローン「フラット35」の取り扱い開始という記事が紹介されていました。外資系ノンバンクのGE Moneyが外資系としては初めて住宅ローンのフラット35を取り扱うとのこと。 住宅ローンにも様々なタイプがあります。 ...

posted by フラット35 at 23:11| フラット35金利比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。